FC2ブログ

記事一覧

胃に生息する○○○菌

食べた物を消化する”胃”胃が分泌する「胃液」は、主成分が金属をも溶かす強力な「塩酸」で、栄養素を分解(消化)したり、食べ物に住みついた菌を殺す役割があります。そんな「何でも溶かす塩酸だらけの胃の中で、生きられる菌など存在しない」・・・と昔の医師や学者さんたちは考えていたそうですが、実は、いたんです!!紹介しましょう、「ヘリコバクター・ピロリ」。 そう!通称「ピロリ菌」です。「ピロリ菌」は、胃を傷つけ...

続きを読む

風邪をひきやすい人、ひきにくい人

「○○は風邪をひかない」誰もが知っている超有名な日本の”ことわざ”ですが、これが本当かどうかは別として、同じ家族の中でも風邪をひきやすい人、ひきにくい人がいたりします。さて、これは一体どんな違いがあるのでしょうか。まず、風邪というのは、ほとんどウィルスに感染することによって起こる病気です。このウィルスを予防する薬は、残念ながら現代医学にはありません。(インフルエンザ以外)なので、風邪にかかる、かからな...

続きを読む

「あくび」の役割

退屈な授業や講習会などで、ついつい出てくる”あくび”「あくび」は、眠気の前兆のようだと、あまりいい印象をあたえませんが、そもそも「あくび」はなぜ出てくるのでしょうか。実は、「あくび」が出る原因は様々なんです。世間で一般的に言われているのは、酸素不足。これは脳内の酸素濃度が下がると「あくび」がでてくるらしく、実際に、脳出血や貧血などの脳内の血流が悪くなった患者さんは、よく「あくび」をするようです。でも...

続きを読む

二つの呼吸

私たちは普段、無意識に「呼吸」をしていますが、この呼吸には二つの種類があります。一つは、その無意識に行っている「胸式(きょうしき)呼吸」と、たまに何かしらの活動で登場する「腹式(ふくしき)呼吸」。ご存知の方も多いかと思いますが、でも、皆さん、ちゃんと使い分けることできますか?まずは、「胸式呼吸」。これは、先ほどから言っていますように、今、皆さんが行っている呼吸です。カラダが勝手にやってくれています...

続きを読む

同じ食事で病気になる人・ならない人

タイトルにありますように、同じ食事をしていても病気になる人・ならない人とに分かれます。さて、この差は一体なんなのでしょうか。「分子栄養学」の観点から見ていきましょう♪①「確率的親和力」これは、個人によって必要とするビタミンの量が違うということです。たとえば、”ビタミンB₁”おなじ栄養素でも、個人によって大きな差があるようです。なんと150倍もの差が出ることもあるそうです。②カスケード理論これは、個人によ...

続きを読む