FC2ブログ

記事一覧

心臓と肺の関係

心臓と肺。

一見、べつべつの働きをしているように思われますが、実は素晴らしい連係プレーがなされているのです。

まず、
心臓から出ていく血液には、「栄養」と「酸素」が含まれていて、血管・毛細血管を通って全身の組織や細胞に送られます。(動脈)

心臓(動脈)


それと同時に、使われた酸素(二酸化炭素)と、老廃物を受け取り、心臓に戻っていきます。(静脈)

心臓(静脈)


しかし、その血液をまた流してしまうと、二酸化炭素が送られてしまい、細胞は活動どころか生きていけません。

その為、心臓にはもう一つの道があり、それが肺とつながっていて二酸化炭素と酸素を交換しているのです。

心臓と肺


酸素をもらった血液は、また休むことなく全身に送られていくとう仕組みなのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント