FC2ブログ

記事一覧

味覚の防御機能

子供の頃、ピーマンなどの苦い野菜や、梅干しなどの酸っぱい食べ物がキライだった経験はありますでしょうか。
しかし、大人になるにつれて、いつの間にか食べられるようになっていたりしますよね。


私たちが”味”を感じるのは、味覚があるからです。
じつは、その味覚には、味を楽しむだけではなく、防御機能の役割も果たしていることをご存知でしょうか。

shita_brush.png


人間の味覚は、とくに「酸味」と「苦味」に強く反応するそうです。
それは、酸っぱい食べ物は”腐敗”の恐れが。また、苦いのは”毒物”の可能性があるからです。
それらを体内に入れないよう味覚がガードしているのです。

子供が酸っぱいもの、苦いものを極端に嫌うのは、本能的に防御反応が強いからだそうです。
しかし大人になっていく過程で、様々なものを食し、これは酸っぱいけど大丈夫、これは苦いけど安全だということがわかるようになってくるので、美味しく感じたりするのです。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント