FC2ブログ

記事一覧

発酵と腐敗の違い

納豆、みそ、キムチ、チーズ、ヨーグルト・・・etc

ご存知、お馴染みの食品ですが、これらは微生物が食品を食べて分解する「発酵」を用いてつくられた発酵食品です。味や保存性を高めるほか、カラダの働きにも大きく貢献してくれます。

この発酵の作用ですが、私たちの生活に似たような現象がありますよね。
そう、「腐敗」です。

冷蔵庫の納豆の賞味期限を確認していると、「もともと腐っているから大丈夫じゃない?」などと、笑えないジョーダンを聞いたりしますが。



では、この両者の違いはいったい何なのでしょうか?


結論から申しますと、

発酵と腐敗


な、なんてわかりやすい区別(笑)


具体的には、
「発酵」は、食品中の糖類が分解されて、乳酸やアルコールが生成される作用。
「腐敗」は、タンパク質などが分解されて、アンモニア、アミン、インドール、スカトールなどが生成され毒素や悪臭をはなつ作用。

だそうです。
ですから、腐敗したものを発酵と勘違いすることは、どうやらなさそうですね♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント