FC2ブログ

記事一覧

「第二の心臓」は足にある


”足の筋肉は、歩いたり走ったりするためについている”


きっと多くの方が、そういうイメージをお持ちかと思います。

それは間違いないのですが、実はそれだけではないのです。
足の筋肉のある部分は、とっても重要な働きも担っているのです。

walking4_girl.png


それは・・・「ふくらはぎ」

なんとふくはらぎは、重力によって下半身に溜まった血液を、心臓に送り返すポンプの働きをしているのです。
そのため「第二の心臓」とも呼ばれています。

ido_pump.png

なので、ふくらはぎが凝り固まっていると、血液を送り返す力が弱くなり、全身の血流が悪くなるのです。
血の流れが悪くなると、酸素や栄養がスムーズに行き渡らず、疲労や肥満、肩こりや腰痛、冷え性などの原因となるようです。

image.png


凝り固まったふくらはぎは、マッサージやお風呂などで温めると良いようですよ。
またウォーキングやジョギングなどで鍛えれば、さらに血液の巡りを良くしてくれること間違いなしです♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント